---



 1992.4〜6月
 contemporary αをサークル化
 contemporary αをサークル化。顧問として南弘明教授を
 迎える。前年より活動に参加していた川島素晴が代表となる
 (〜2001)。

 1992.4.28
 アドリアーナ・ヘルツキー(独)、
 ミケランジェロ・ルポーネ(伊)自作を語る会


 1992.5.19
 第4回演奏会(東京芸術大学第1ホール)

・ミケランジェロ・ルポーネ/ALTAIR
・ジョン・ケージ/ARIA
・大村久美子/fragment
・オリヴィエ・メシアン/イエズスの不滅性への讃歌
・西田直嗣/草の花のように
・カールハインツ・シュトックハウゼン/TIERKREIS
・陳明志/大地の鼓動 II

 1992.6.23
 ロバート・HP・プラッツ(独)自作を語る会

 1992.9.17
 第5回演奏会(東京芸術大学芸術祭:第1ホール)
 
この会から、他大学生の参加、他ジャンルとの共同作業等
 も行うようになる。

・田村文生/中二階のある家
・一柳慧/タイム・シークエンス
・平野弦(作曲)浜島達也(ヴィデオ)/達也の骨と弦の骨
・鈴木友彦(作曲)太田創(美術)/最後の百人一首

 1992.10.26
 イョルグ・ヘルヘット(独)自作を語る会

 1992.11.10
 尹伊桑(韓国→独)講演会を実現
 併せて歓迎演奏会を開催(東京芸術大学第1ホール)

・尹伊桑/コントラスツ
・尹伊桑/フルート・エチュード第5番「Allegretto」
・尹伊桑/夜を分けよ

 1992.11.17
 ナロングリット・ダーマブトラ(タイ)自作を語る会

 1992.11.24
 勉強会「メシアンの作曲技法」(城谷正博)
 
この会から、他大学生の参加、他ジャンルとの共同作業等も
 行うようになる。

・田村文生/中二階のある家
・一柳慧/タイム・シークエンス
・平野弦(作曲)浜島達也(ヴィデオ)/達也の骨と弦の骨
・鈴木友彦(作曲)太田創(美術)/最後の百人一首


 1992.12.10
 第6回演奏会「カナダ作曲界と、日本の現在」
 (カナダ大使館)
 
初の学外公演。

・マリー・シェーファー/月光への碑文
・ロバート・エイトケン/Plainsong
・ディヴィッド・イーグル/CLAIRELIEF I
・ホープ・リー/Jygge −somebody's−
・大村久美子/憂愁の谷
・堰合聡/脱音楽 −あらかじめ失われた作品
・村上博美/ピアノ四重奏曲
・鈴木友彦/MONOLITHYIC CITIES
・田村文生/三人姉妹
・アンソニー・ゲンジ/新ホケット
・ジョン・ケージ/クラリネット・ソナタ(追悼演奏)
・オリヴィエ・メシアン/黒つぐみ(追悼演奏)
・グレン・グールド/じゃあフーガを書きたいの?



1991年へ   1993年へ

Home>Archive>東京芸術大学 contemporary α1992