23 回目を迎えるアンサンブル・コンテンポラリーαのリサイタルシリーズ。曽我部清典、神田佳子、共に現代音楽界で高い評価を得ている演奏家によるデュオ・リサイタルでは、近年活躍が目覚ましい篠田昌伸、近江典彦、アンサンブル・コンテンポラリーαメンバーの川上統による委嘱新作に加え、リサイタルシリーズで好評を得ている編曲作品集において伊藤弘之、斉木由美、田村文生がデュファイの作品に挑みます。これらに神田佳子の作品が加わり、新作、編曲、演奏家による作品という、作曲家
と演奏家の団体であるアンサンブル・コンテンポラリーαならではのプログラムにご期待下さい。


曽我部 清典(そかべ・きよのり/ trumpet)

東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。ムジカ・プラクティカのメンバーとして芸大在学中より国内外の新作初演に数多く携わる。ALM レーベルより4枚のソロCDをリリース、レコード芸術・音楽芸術などで特選盤の評価を受けた。2001 年より度々ヨーロッパ主要都市でソロリサイタルを行う。現在、ピアニスト堀江真理子、ギタリスト山田岳とのデュオリサイタル
シリーズ進行中。ブラスエクストリームトウキョウ代表、上野の森ブラスコンサートマスター、双子座三重奏団、 トリオゼフュロスメンバー。洗足学園音楽大学講師、日本トランペット協会常任理事。新居浜市総合文化施設アートディレクター。
http://www.jade.dti.ne.jp/~ebakos/


神田 佳子(かんだ・よしこ/ percussion)

横浜生まれ。東京芸術大学器楽科打楽器専攻卒業及び同大学院修了。ドイツ:ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会で奨学生賞を2 度受賞。これまでに、ソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等と共演、東京オペラシティ主催
リサイタルシリーズ「B→C」、NHK「FM リサイ タル」、TV朝日「題名のない音楽会」などに出演。2002 年ビクターエンタテ インメントよりヴァイオリンと打楽器のCD「ソルト& ペッパー」をリリース。古楽集団トロヴァトーリ・レヴァンティ、といぼっくす、高橋悠治プロデュースの伝統楽器グループ「糸」、一柳慧率いる「アンサンブル・オリジン」等のメンバーとして、カーネギーホールをはじめ、国際的な場での演奏活動も多数行ってきた。現代音楽を軸に、様々な分野での即興演奏や、正倉院復元楽器の演奏、ジャズミュージシャンとの共演等、時代やジャンルを超えた打楽器演奏の可能性にアプローチしている。現在、Ensemble Contemporaryα、東京現音計画、PERCUSSION TRIO[TheBirds]、ジャズピアノとのデュオ「TANAKANDA」等のメンバー。また、演奏活動と並行して作曲活動も継続的に行っており、作品は、日本国内各地をはじめ、ニューヨーク、ミラノ他世界各地で上演されている。2014年には自作の打楽器アンサンブル作品集CD「かえるのうた」をリリースし、その中のEmotion 等4作品の楽譜も出版された。
http://www.yoshiko-kanda.com/

Ensemble Contemporaryαリサイタルシリーズ vol.23
曽我部清典(trp.)  神田佳子(perc.)デュオリサイタル

日時:2015年6月24日(水)19:00開演(18:30開場)

場所:けやきホール(古賀政男音楽博物館内)

チケット:
前売り券 2500円(一般) 2000円(学生)

プログラム

■ 篠田 昌伸
Junction II for trumpet and percussion
( 2015 初演)

■ 近江 典彦
Il sokandabe appocalisse
(2015 初演)

■ 川上 統
ベローシファカ(2015 初演)

■ G. デュファイ=伊藤弘之・斉木由美・田村文生
バラード「私の顔が蒼ざめているのは」による編曲集
(2015 初演)

■ 細川 俊夫
打楽器のための「線VI」(1993)

■ 神田 佳子
We are drummers 2 for trumpet and percussion
( 2014)

■ 山本 裕之
《パルラーテ》(1999〜2012)より


Home>Schedule>リサイタルシリーズ vol.22